日記


by tsukures

プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ちょっと大袈裟ですかね

掌で飲む酒には情があるだろ?
それが赤だ!と俺は言いたいんだ。

これ、とてつもなく良いセリフだと思うんですがカットされてます。
勝新監督版の魅力は詩情にあると思ってるので、まさに痛恨です。
このバージョンしかなかったのかな?JVDの仕事はいつも杜撰だと思う。
名作映画のDVD化権がもったいないです・・ドグサレめ

カットシーンにガッカリ。
DVDでカットされる作品があるのかとまずショック。
TVならともかく、売り物をカットする企業サイドの姿勢に疑問。
内容は皆さん絶賛されている通り星5個。
カットで星3個。
高島忠夫さん解説時代のテレビ放送から見ていてDVD時代になり
今回見ました。
洋楽挿入はあえて「時代劇に入れてもいいのでは」との発想だそうです。
それこそ、時代劇なら太鼓、演歌ばかりだったら飽きます。
自分には違和感ないです。
ギャップは必ずしもおかしくは無いです。
実際、津軽三味線がアクションゲーム(ニンジャウォリアーズ)の
BGMになっていたりしています。
北野版は見る気もしません。
イケメン若手、J?POPに乗って作られる昨今の日本映画。
これは全員、渋い役者。
こんな作品二度とできないです。
カットされたシーン、良かったんだけどなぁ。
もうノーカット版を見る気力はないです。

座頭市おたくです。
東映時代の物悲しい座頭市シリーズ、東宝時代のマカロニウェスタン感のする座頭市シリーズに比べこの勝新最後の座頭市は、エンターテイメントの臭いが強く当時は、正直違和感があり好きになれませんでした。しかし今観直してみると、なぜかかなり楽しめました。北野武の座頭市や、女座頭のICHI、または、昨今の時代劇ブームなどで新しい形に馴れてしまったわけではないと思いますが、やっと時代が追いついた気がします。ちょっと大袈裟ですかね。でもとにかく配役見ただけで必見です。  IBAZO



座頭市(デジタルリマスター版) [DVD]
[PR]
by tsukures | 2011-07-09 21:24 | DVD

カテゴリ

全体
日記
読書
DVD
未分類

以前の記事

2012年 10月
2011年 07月

メモ帳

その他のジャンル

最新の記事

牛丼のカロリー
at 2012-10-16 11:29
ちょっと大袈裟ですかね
at 2011-07-09 21:24

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧